ホーム > 注目の専攻 > 通訳・翻訳

■ 通訳・翻訳

Master of Translating and Interpreting

現代の国際社会・経済において、高度な言語レベルだけでなく文化的知識も備え、効果的なコミュニケーションが図れる通訳翻訳家のニーズはこれまでになく高まっています。

RMIT大学のMaster of Translating and Interpretingは、通訳翻訳理論、専門解釈、話法、教授法、通訳技術、通訳翻訳実践など、上級コースとなっています。またオーストラリアのNational Accreditation Authority for Translators and Interpreters(NAATI)という通訳翻訳の認定団体の認定が受けられるプログラムとして構成されています。

●コースのより詳しい情報はこちら

<コース概要>

コース名 期間 コース開始 入学条件 英語力
Master of Translating and Interpreting 2年 2、7月 学士号と持っていること 職歴、もしくは専門研修を受けている場合は考慮される。
大学が指定するBilinqual Entrance testをパスすること
IELTS6.5(各セクション6.0以上)
TOEFLiBT92以上