ホーム > 注目の専攻 > 建築

■ 建築

Architecture

RMITのArchitecture(建築)は国際的に高い評価を得ています。RMITはデザインイノベーターである卒業生たちを輩出することでオーストラリア国内および海外で道を切り開いています。国際市場においてRMITの建築プログラムが業界トップの地位を維持していることは、他大学に負けないRMITの強みです。
Master of Architectureでは建築デザインに特化しています。学習と技術経験の組み合わせを通して、建築学の高度な理解を深め、自身の作品の客観的な分析・批評、デザイン媒体を介した研究理解など、一流の一建築士として必要な技能の総合的な能力の育成に重点を置いています。

このコースを修了すると、the Architects Registration Act of Victoriaの建築家として、またthe Royal Australian Institute of Architectsのメンバー登録ができます。

●このコースの詳しい情報はこちら

<コース概要>

コース名 期間 コース開始 入学条件 英語力
Master of Architecture 2年 2月・7月 ・建築の学士号があること
・平均60%以上、もしくはGPA2.5以上の成績を修めてこと
・フォリオを提出すること
・職歴がある場合は職務経歴書を提出すること
IELTS6.5(各セクション6.0以上) TOEFLiBT92以上