ホーム > 大学の紹介 > 大学の魅力(特長・特色)

■ 大学の魅力(特長・特色)

120年以上の伝統を誇る教育機関

RMITは1887年から120年以上の伝統を誇るオーストラリア国内を代表する国立大学の一つです。RMITの最大の魅力はデザインや工学などの専門分野における職業直結型の教育機関であることです。技術教育を提供する専門教育機関TAFEとしての役割も担うと同時に学部、大学院レベルでも高い評価を受けています。多くの卒業生が世界を舞台に活躍しており、現地学生からも人気の高い大学です。

専門性の高い多彩なプログラム

RMITでは工学、デザイン、建築、国際ビジネス、コミュニケーション、教育、保健医療などの専門プログラムが多数あります。また、40年以上の歴史を持つ通訳・翻訳コースは日本人留学生にも特に人気の高い専攻です。
その学術や研究はオーストラリア国内外から最高レベルの質であると評価を得ています。RMITは毎年、世界の大学ランキング100(World University Rankings)にランクされています。

グローバルで多国籍な学生

国内外に5つのキャンパスを持つMRITの学生数は、国内キャンパスに6万人以上、ベトナムやスペインキャンパスを含めると8万人を超え、約2万人のRMITの学生が海外で学んでいます。私たちは世界各地で学生が学ぶことができるよう、海を越えて質の高い研究や教育プログラムを充実させています。

オーストラリアとアジアをつなぐキャンパス

RMITはオーストラリア・メルボルン市内に3つのキャンパス、ベトナム・ホーチミン、ハノイに2つを有しています。メルボルンは世界一住みやすい都市に毎年選ばれている美しい街です。またベトナム・ホーチミン、ハノイはアジアの観光都市として人気の高い活気あふれる都市。さらに、シンガポール、香港、中国、マレーシア、インド、ヨーロッパにあるパートナー校を通してプログラムを提供しています。