ホーム > 大学の紹介 > キャンパスと施設

■ キャンパスと施設

RMIT大学はメルボルン市内に3つのキャンパスと、ベトナムに2つのキャンパス、スペインに大学研究センターを持っています。国内にあるキャンパスはMelbourne city/Brunswick/Bundooraと呼ばれるキャンパスで専攻によって分かれています。また、ベトナムはHo Chi Minh City/Hanoiがあります。
シティ型のキャンパスは最先端の設備を誇り、中でもメインキャンパスのスワントンアカデミックビルは、そのデザイン性と環境を意識した建築で、大学ビルとして高い評価を受けています。

●大学の各キャンパス詳細については、大学HPからご確認ください。

●メルボルンの市内のキャンパスの位置を確認する方はこちら

各キャンパスには授業を受けるための教室以外に、学生生活を送る上で必要となる図書館、食堂などが整っています。また、キャンパスにもよりますが、以下の施設が整っています。

  • 銀行
  • 郵便局
  • 薬局
  • コンピューターラボ
  • 診療所
  • 歯医者
  • 保育所
  • 英語学校
  • 滞在施設

●大学施設に関する詳細の情報は大学HPからご確認ください。

また、滞在施設は様々な種類があります。
特にRMIT大学では、留学生向けにいくつかの滞在方法を紹介しています。

  • On-Campus
  • Off-Campus
  • 短期滞在用宿泊施設 など

●各滞在施設の詳細、申請方法についてはこちらからご確認ください。